東京青山の「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」のバリエーションの多さと味に感動した









最近はハンバーガー好きを公言することでいろんなお店の情報を友人が教えてくれるようになり、渋谷109の7階に日本初出店した「Fat Burger」の情報を5人くらいから教えてもらうという、自分のブランディングが少しずつ出来てきた気がしてます。一応オープン日の11時15分くらいに行ってみたけど7階の階段から5階まで並んでいたので、会社の先輩が教えてくれた青山にある「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」に行ってみた。

広々した店内で開放感が最高!

表参道駅から細い道を歩いて行くと綺麗なチャペルが見えてきて、その目の前にお店があります。オシャレな外観でテンション上がる。

テーブル席も充実してたけど、カウンター席もあってお酒も充実しているので一人でも来やすそう。木を基調とした店内で窓も大きく、開放感に溢れてます。

見たことないメニューが多くて注文が楽しい。。

ハンバーガーって大体メニュー名を見たら何が挟まっているか想像できるけど、「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」はそれが出来なかったです。
ハンバーガー名を見てみると、、、「hangover(ハングオーバー)」(1480円)、「u-bbq(ウマミバーベキュー)」(1480円)、「taste of italy(テイストオブイタリー)」(1680円)、「umaminoko(ウマミノコ)」(1580円)、、、、他にもあります。

で、ポテトフライのメニューも目新しくて、「smothered fried(スムーサードフライ)」(800円)、「manly fries(マンリーフライ)」(800円)、等。。。
名前だけではなくて写真も綺麗で見た目でも楽しめるのがいい。

文字だけのメニューももらったけど、これは分かりにくい。笑

前菜のサービスが付いてきた

前菜は言い過ぎかと思いますが、大根のようなピクルスのような料理がすぐに運ばれてきてメイン料理が来る前の時間のこともちゃんと考えられてるんだなと関心してしまう。

ハンバーガーにはやっぱり炭酸ですよね。

manly fries(マンリーフライ)の見た目も食感も味も最高

見てください、このポテトに載っている具材たち。ハンバーガーだけに力を入れるのもいいけど、ポテトもこだわるとお客さんも喜ぶことが実体験でわかった。

寄ってみるとネギが載ってるよ。。味はちょっと濃すぎるくらいでソースも美味しくて、玉ねぎの揚げたもの(?)の食感とポテトの食感がギャップが最高。

ついにtaste of italy(テイストオブイタリー)がやってきた

モッチモチのバンズに生ハム、ほうれん草、カリカリのチーズ、お肉とお肉にかかるトマトソースとチーズ。。見た目が美し過ぎる。

焦げ目がそんなになかったから僕好みの食感ではないかもと心配したけど、カリカリのチーズがあるので問題なし。

ナイフとフォークが用意されてるけど、手で持って食べた方がハンバーガーが口に当たる部分が多くて味をちゃんと感じられるからオススメだった。これはマジ。上品に食べたい人はナイフとフォークでどうぞ!
味はピザっぽくて挟まっている素材一つ一つがめっちゃ美味しい。イタリアンが好きな人に食べて欲しい。


ハンバーガーのような唇のようなオレンジ色のロゴ。

料金

taste of italy(テイストオブイタリー)(1680円)×2+manly fries(マンリーフライ)(800円)+ジンジャエール(400円)=4560円(税抜き)

店舗情報

店舗名 UMAMI BURGER 青山店 (ウマミ バーガー)
住所 東京都港区北青山3-15-5 ポルトフィーノ 1F
アクセス 表参道駅から徒歩5~10分
駐車場
営業時間 AM11:00~PM10:00
(L.O.)PM9:30
日曜営業
電話番号 03-6452-6951
ホームページ HP
食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13206538/
地図








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です